白内障と緑内障の違い

 

 

メジャーな目の病気として白内障と緑内障があります。医療関係者でない普通の人は同じような病気のイメージをついつい持ってしまいます。しかし、この2つの病気はまったく性質の異なる病気です。

 

白内障とは

 

白内障とは目の中にある水晶体が真っ白に濁ってしまう病気です。真っ白に濁ってしまう水晶体によって、視力の低下やまぐしさをより強く感じるようになります。水晶体が真っ白になってしまう事が白内障の由縁と言われています。

 

緑内障とは

 

緑内障とは、目の眼圧が高まり視神経を圧迫してしまう病気です。圧迫されダメージを受けた視神経は、最悪の場合機能を低下してしまいます。機能が止まった視神経の部分は視野が欠損し何も見えない状態になります。これが視野全体に広がると失明の危険もあります。

 

2つの病気の違い

 

白内障と緑内障はまったく性質の異なる病気です。これは治療方法にも言えます。白内障の場合、白くなった水晶体を専門の医療レンズに取り替えることで症状を緩和させることが出来ます。しかし緑内障によって失われてしまった視神経や視野欠損を取り戻すことは出来ません。同じように考えるのは大きな間違いなのです。失明のリスクは緑内障の方が高いと言えるでしょう。

 

白内障も緑内障も加齢や紫外線による目のダメージによって発症リスクが高まります。どちらも発症しやすい目の病気なので、きちんと定期検査をして防ぐように心がけましょう。