白内障によくある症状。見え方おかしくないですか?

 

 

白内障とは加齢や紫外線の影響により、眼の中にある水晶体が真っ白になってしまう病気です。そんな白内障になってしまうと、どんな症状に悩まされることになるのでしょうか?

 

初期症状

 

白内障の初期症状はあまり実感がありません。水晶体がまだ白くなっていないので、目のかすみ、ぼやけ、光がまぶしく感じてしまうなどの初期症状があります。これは普通の人は疲れ目などと勘違いしてしまう症状です。

 

目の濁りは人によって異なります

 

白内障になると目が真っ白になるイメージがありますが、全ての人が真っ白になるわけではありません。最初から水晶体全体が白く濁ってしまうのは稀で、濁ってくる部分と透明な部分が混ざっている状態になります。

 

視力の低下

 

白内障になると視力の低下に繋がります。外から目から入ってきた光は水晶体を通ります。この時に水晶体が濁っている部分を通ると光の乱反射が起こります。光の乱反射を起こすと、光をまぐしく感じて視力の低下に繋がってしまうのです。

 

まとめ

 

白内障の症状をまとめると、以下のようになります。

 

視界がかすんで見えたり、明るいところに出ると眩しくて何も見えない、どんなに調節しても眼鏡やコンタクトが合わない……これらの症状が感じられたら、眼科に行って医師の相談を受けるようにしましょう。加齢により白内障の発症リスクは高まっていきます。大切な目の健康を守るために日々のチェックはきちんと行っておきましょう。