白内障に効く目薬

 

 

目が白く濁ってしまう白内障。白内障を治すことができる市販の目薬はありません。しかし、白内障の治療で処方される目薬の成分を知っておくことは損になりません。では、白内障の治療で使われている目薬にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

白内障の治療で使われる目薬とは?

 

白内障の初期治療や軽度の白内障なら『ビレノキシン製剤』や『グルタチオン製剤』などの目薬が使われています。この目薬の特徴として、白内障を治すための目薬ではなく白内障の進行を抑えるための目薬という特徴があります。

 

この成分が含まれている目薬を使用しても水晶体が透明になるわけではありません。あくまで初期症状を緩和させる効果があるとイメージしておきましょう。

 

白内障への目薬

 

白内障は水晶体が白く濁ってしまう病気です。手術で水晶体を専門の医療レンズに入れ替えるなどしないかぎり症状を抑えることはできません。目薬を使う場合はあくまで白内障の進行を抑えるイメージに留めておきましょう。

 

白内障の進行を抑える目薬の成分として『カタリンK点眼用薬』や『ジクロード点眼薬』があります。白内障の初期症状に効果があり、水晶体を濁らせている蛋白変性を押さえる効果が期待されています。これらは有名な白内障の進行を抑える目薬です。

 

目薬を使った白内障への効果はあくまで進行を遅らせるのがメインです。もし、副作用が起きたり、自分に合わないなどの症状が起きた場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

 

白内障サプリランキング