白内障手術はレーシックを受けると無理?

 

 

視力をアップさせる手段をして注目を集めているレーシック手術。しかしレーシック手術を受けた後で白内障と診断されてしまう場合もあります。レーシック手術を受けた後で白内障の手術を受けることが出来るのか?今回はそんな疑問を考えていこうと思います。

 

基本的に可能 

 

レーシック手術と白内障の手術箇所は異なっています。それによりle="color:#FF0A0A">レーシック手術をしていても白内障の手術を受けることは可能です。現在でもレーシック手術を受けた後に白内障の手術を受けた人は実際にいます。

 

問題点

 

レーシック手術を受けた後に白内障の手術を受けることは可能です。しかし問題点がある場合は難しい場合があります。これは水晶体の変わりに挿入するレンズの問題です。白内障は水晶体の代わりに医療器具である専用のレンズを挿入します。このレンズはレーシック手術を行っていない人を参考に作られています。ですからレーシック手術を行った場合は、術後の眼の状態をより詳しく情報として検査する必要があります。場合によっては手術が受けられなかったり、手術を受けてもレンズの度が合わずに白内障手術の再手術を受けなければならない場合もあります。

 

問題点を防ぐには

 

問題点を防ぐには、レーシック手術の前の眼のデータをきちんと手元に管理しておきましょう。レーシック手術を受けたクリニックや眼科できちんとカルテのコピーを受け取っておきましょう。こうした情報管理が必要になってくるのです。