白内障に効く薬

 

 

白内障の治療は手術で行うイメージが強いですが、場合によっては薬でのみ治療する方法もあります。今回は白内障治療で使われる薬について紹介していきます。

 

点眼薬

 

カタリン点眼薬やタチオン点眼薬は初期の白内障治療で使われる薬です。抗酸化作用によって目の濁りを抑制し、白内障の進行を抑える効果があります。現在これらの点眼薬がもっとも使われています。

 

薬物治療の意味

 

点眼薬の効果にあるように、白内障の薬物治療の意味は白く濁ってしまった水晶体を改善するのではなく、白内障の症状を遅らせることが狙いです。白内障はまだ不明な部分が多く、一度濁った水晶体をもとの状態に戻ることは出来ません。進行した白内障は手術で治療するしかないのです。

 

積極的な治療を進める意味

 

白内障と診断されても、症状が軽い場合は積極的な治療が行われない場合があります。点眼薬を処方されても使わない人も中にはいます。しかしそれは大きな間違いです。白内障は初期の点眼薬治療がとても大切です。ここでどれだけ症状を遅らせることが出来るかによって、今後手術が必要になるかが変わってきます。

 

白内障と診断されても、初期治療であれば点眼薬などの治療で症状を遅らせることが出来ます。ほかの重大な眼病が潜んでいたり併発する可能性も否定出来ません。その発見のためにも、きちんと検査をして症状が軽いうちに治療しておく必要があるのです。