白内障サプリランキング!

あなたの目、大丈夫?最近こんな症状ありませんか?

 

  • 晴れた日の外がまぶしい
  • 対向車のライトがまぶしい
  • 物がぼやっと見える

 

など、光がまぶしく感じる・物がかすんだように見えるなどの症状は白内障によるものです。白内障の原因は加齢とともに減少していくルテインにあるといわれています。

 

当サイトは白内障の予防・対策に効果的なルテインを配合したサプリメントを紹介しています。どうぞ参考にしてください。また、目に良いアントシアニンやアスタキサンチンなどの成分もおすすめです。

 

めなりの特徴

めなりは、白内障に良いルテイン・ゼアキサンチンなどのアイケア成分を高含有したサプリメントになります。ルテイン12mg・ゼアキサンチン2.4mgに加え、これらの吸収率を高めるビルベリー(アントシアニン)を170mgも配合しています。さらに、クロセチン・アスタキサンチン・βカロテンなど相乗効果の見込める成分も含み、ハイスペックなサプリメントに仕上がっています。

価格 980円
評価 評価5
備考 ルテイン:1日12mg ビルベリー・ゼアキサンチンほか
めなりの総評

1ヶ月分が980円と最もコスパに優れています。白内障の予防・対策として文句なしのサプリメントです。

 

一望百景の特徴

一望百景は、250万袋突破の琉球3素材のエキスを凝縮したアイケアサプリメントになります。白内障の予防に有能なルテインをはじめ、ゼアキサンチン・アントシアニン・フコイダンなどを含みます。中でも、ルテインは1日あたり20mgと業界トップクラスの含有量を誇ります。さらに、天然フリー体ルテインだから吸収力が高く、実感度も違います。

価格 1800円
評価 評価4.5
備考 ルテイン・アントシアニン・フコイダン・ゼアキサンチンなど

 

ファンケル えんきんの特徴

ファンケル えんきんは、ルテインを中心に目に良い成分を配合したサプリメントになります。ルテインとともに、アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれるため、目のピント調節を助ける作用が確認されています。また、疲れ目からくる肩、首の負担を和らげます。

価格 2160円
評価 評価4
備考 ルテイン:1日10mg 機能性表示食品
ファンケル えんきんの総評

1日あたり約72円(通常価格換算)。年齢による老眼、若い世代に多いスマホ老眼におすすめ!当ページより1ヶ月分がたったの1000円(2週間お試しパックが2袋)!

 

気になる白内障サプリを比較!

商品名 ルテイン配合量 初回価格 おすすめ度
めなり 12mg 980円(税込)
一望百景 20mg 1800円(税別)
えんきん 10mg 2160円(税込)

白内障におすすめのサプリを見てみる!

 

白内障に効果的なサプリ成分

 

加齢ととても発生率が高まってしまう白内障。今回は白内障に効果的なサプリメント成分を紹介していきます。白内障改善のサプリメントを選ぶときの参考にしてみましょう。

 

ルテイン

 

ルテインは眼の黄斑部と水晶体に存在して、紫外線や人工の青い光から私たちの眼を守ってくれる成分です。紫外線を浴びたり、テレビやパソコン、携帯電話の人工の青い光を見ると、抗酸化のストレスが私たちの眼を襲います。ルテインはそんな抗酸化のストレスから眼の細胞を守ってくれるのです。

 

紫外線や人工の青い光を眼に受けることによって、眼に含まれているルテインの成分は徐々に減少していきます。ルテインが不足すると、紫外線や人工の青い光から眼を守ることができず、白内障などの眼病になりやすくなってしまいます。そうならないように、サプリメントなどでしっかりルテインを補給する必要があります。

 

アスタキサンチン

 

アスタキサンチンは、天然の広く分布している脂溶性色素です。オキアミや桜海老、鮭の身体が赤いのは、このアスタキサンチンの影響によります。

 

アスタキサンチンには高い抗酸化作用があります。抗酸化作用により、血管や細胞を若々しく保ち、免疫細胞を活性酸素から守ることができます。また、アスタキサンチン自体も癌抑制に効果があり、目の病気の予防や治療にも効果があると期待されています。今注目の栄養素なのです。

 

ほかにもある白内障に有効な栄養素

 

白内障に有効な栄養素はほかにもビタミンAやビタミンB1などがあります。現代ではパソコンや携帯電話が発展し、生活を豊かにしています。しかし、眼に対する負担はどんどん昔に比べて増えています。サプリメントを有効的に活用して、白内障のリスクを抑えるように心がけましょう。

 

白内障サプリ「めなり」はこちら

 

白内障を引き起こす原因は?

 

眼球の中にある水晶体が濁ってしまう病気が白内障です。水晶体が濁ることによって光が通りづらくなり、乱反射やまぶしさを感じやすくなります。症状が進んでしまうと失明の恐れもある恐ろしい病気です。今回はそんな白内障の原因について考えていきたいと思います。

 

もっとも多いのは加齢が原因の白内障

 

白内障でもっとも多いのは、カレイに伴う『老人性白内障』です。髪の毛の白髪や肌のシミなどと同じで眼も老化していきます。

 

水晶体は構成するタンパク質や水分量のバランスが重要になります。カレイによりこのバランスが崩れることにより白内障になりやすくなってしまうのです。

 

全身疾患が原因の場合

 

アトピー性皮膚炎や糖尿病などが原因で白内障が起こる場合があります。かゆみが眼の周りで起こり、かいたり、こすったりすると白内障になってしまう恐れがあります。

 

先天性白内障

 

加齢により水晶体に濁りが生まれるのが白内障の一般的なパターンです。しかし、生後まもなく白内障になってしまう恐れがあります。それが先天性白内障です。

 

これは遺伝や母親が妊娠中に風疹にかかってしまうことが原因になります。一般的な進行は少なく、視力に影響はほとんどありません。

 

外傷性白内障

 

眼に大きなダメージを受けたり、強くこすったりする外部の刺激が原因で白内障になってしまう恐れがあります。外部からの刺激で水晶体が障害を受け、白内障になってしまうのです。

更新履歴